川の照り

隅田川沿いに住む壮年が綴る身辺雑記

浙江省

クルマ

シャオレイの出産は来月頭の予定。諸曁の宵闇を疾走する。 サンルーフ付きのクルマというのは現在の日本でほとんど需要がないと思うが、大陸ではよく見かける。で、試みに調べたらヒットして、(二、三の記事に目を通しただけだが)中国人がサンルーフ付きの…

ラジオトーク

南千住の跨線橋。冬の空は雲も少なく透き通ってもっと高かったろう。 彼女のラジオトークの質問箱(仮)も現在230本を超えているが、そのうち4分の3くらいはここ1週間で聴いた。中文で喋っているこぼれ話の方は本数が少ないが、そっちもいくつか聴いた。基本…

服务员

19日深夜。枕元にパソコンを置き、「大海嘯~中国 銭塘江の逆流」をNHKオンデマンドで。1985年の作である。舞台は浙江省。後頭部をこちらに向けて横臥する女が、ボリュームを下げてくれろと言う。そりゃそうだな。ごめんなさい。 浙江省出身の女は勿論大海嘯…

日本にとって浙江省は

昼。昨晩の残りのカレー等を食う。Hさんは例の上海人のおばさんとどこかへ出かけた。右手にスプーン、左手で本の頁を繰りながら、『子どもたちに語る 日中二千年史』(小島毅著・ちくまプリマー新書)を読了。子どもたちに語ると謳いながら、おっさんでも十…

口罩

夜。隅田川を渡り、地元の和食レストランへ。今日、Hさんは東京入管に5時間半滞在した。これはラグビーの試合が4試合まるまる入るほどの時間である。結果、3年の在留許可が下りたわけだが、彼女の心身の疲労を考えて外食に誘った。私も交付の窓口までは一緒…

黒い零食

25日。仕事終わりに北千住の大箱喫茶。スーパーフラットじみた黄色いキャラクター人形を店先に置き、サンローゼ時代の澀みや豪奢は後退したが、それでも店内ほとんどの席が埋まっている。相変わらず地元の老人たちの憩いの場であるのも微笑ましい。柱を囲ん…

濁流

区内のスポーツセンターで期日前投票を済ませ、帰りに眼下のプールを見やると遊泳者はほとんどいない。久しぶりの青空とはいえ平日の昼下り、気温もそこまで高くないのだからもっともなことだ。子供らの夏休みは20日からだっけか、その頃は台風の影響でまた…

令和の羊肉串

半ば廃墟と化しかけている影视城の土楼で塑料の刀と矛を見つけ、対決するディンディンと壮年。シャオレイ撮影。 3日、晴れ。 毎夜、金山越府の客厅ではHさんとともにこの『我的前半生』と『都挺好』を観ていたのだが、马伊琍とともに主役を張る袁泉。この人…

五シェ

1日、晴れ。今日から日本は令和。Hさんの家族は何の関心もないか、もしくはその事実すら知らない。これも最近整備されたという春风十里小镇なるテーマパークに行く。入場口からゆるやかな斜面を上っていくと茶畑が広がる。遠景には山並みが霞む。動物園のよ…

諸曁睡衣(ヂュージーパヂャマ)

29日、諸曁は大雨。ディンディンと女朋友のシャオレイが空港まで迎えに来てくれ、挨拶もそこそこに腹が減っているなら炒麺のうまい店があるから行こうと誘う。機内の飯はうまくなかったと私が云い、Hさんは逆にうまかったと云う。米の上に乗っていた天ぷらが…

或る昼

或る昼。魚香肉絲。ライス少な目。750円。或る昼。鶏肉の辛み炒め。ライス少な目。750円。或る昼。上海風焼きそば。600円。或る昼。干鍋鶏。1080円。ライス少な目。或る昼。ビーフン炒め。700円。或る昼。エビチャーハン。600円。或る昼。ベビーホタテと玉子…

吃夜宵

大陸のコンセントと持参した万能プラグ。17日午後9時半過ぎ、ディンディンが今日は晩飯も早かったし、夜食(夜宵 イエシャオー)に新疆人のやっている店で羊肉串を食おう、と誘ってくれる。それをHさんに伝えると露骨に嫌な顔をした。私が夜食に肉を食うのが…

洗澡する蟒蛇

17日朝、薄曇り。今日はHさんの両親の家、妹の家、朋友のフェンホンの家を廻る。私が以前、乡下(シャンシャ 田舎・農村)の家を見てみたいと言ったら、だったら両親と妹の家に行けばいいとHさんが言ったのだ。ちなみに妹の旦那、ジエンホアは杭州市に出稼ぎ…

台風の影響 ~舟山普陀山~

16日。朝から曇天で風が非常に強い。朝飯を食いに別棟から本棟へ中庭を歩く時も、ぬるく強い風に髪をなぶられた。いよいよ台風の影響かしらん。今日は船で普陀山に渡るのにから。この島の成り立ちがなかなか面白い。 「当地が観音霊場となった由来は、〔中略…

八月の濡れた砂 ~舟山南沙~

15日午前、一路舟山群島へ。 大陸から島へ、海上に架かる橋を渡るわけだが、ディンディンが跨海大桥(クアハイダーチャオ)と呼ぶそれは最大島である舟山島の西側にあるわりかし大きな金塘島へと至る金塘大橋だ。金塘大橋を快走する。ここまで、台風の影響は…

天一閣 〜寧波〜

たしかに寧波を代表する有名観光スポットであるわりに天一阁の場所はわかりにくい。狭い道に進入したディンディンも迷ってしまい、クルマの窓から顔を出し、道路脇に立っている白いランニングシャツのおやじに「师傅」と呼びかけている。この辺に駐車して天…

老外灘 ~寧波~

14日夕刻、宿に到着。ウェルカムドリンクがあったり、フロントの右側に下のようなスペースがあったり、瀟洒なホテルだ。亚朵酒店(ヤードゥオジィョォディエン)。ここもディンディンが予約した。部屋には老外滩(ラオワイタン)の大きなパネルが据えてある…

風にはためくスカーフ ~寧波~

14日、晴れ。寧波の中心市街地に宿をとったが、先にディンディンが奨めてくれた蒋介石旧居に向かう。西から東へ、高速公路を快適なドライブ。ディンディンの運転はかなり上手い。旧居は寧波市奉化区の渓口鎮にあり、このエリアは国家重点風景名勝区AAAAA級旅…

諸曁の夕暮れ

13日午後4時過ぎ、メガロポリス上海虹橋駅から高鉄(ガオティエ)に乗車する。諸曁(ヂュージー)から迎えに来てくれたのはHさんの息子、ディンディン。彼はバスケットボールをやっているが、黒のタンクトップに短パン、手ぶらのサンダル履きという練習帰り…

ガングリオン

昨晩は同業者との暑気払い。夕刻、事務所を出て自転車で駅に向かっていると涼しい風に顔を撫ぜられた。前方を歩いているサラリーマンの手には傘が握られている。関東に台風13号が近づいており、明日には上陸の恐れもあるという。 上野の居酒屋。座った向かい…

宵寝

昨日は昼職場にいる時から躰がだるくて、帰宅後、飯を食ったあと宵寝した。2時間ほどして起き上がると、だいぶ恢復している。やっぱり眠るのがいちばんだな。 大学の先生らが執筆した『東アジア海域に漕ぎだす3 くらしがつなぐ寧波と日本』(東京大学出版会…

酸菜魚

酸菜魚(スワンツァイユィ)。諸曁市からHさんが昼飯の画像として送ってきた。以下、Wikipediaから。 重慶江津県の川辺の農村で生まれた。商品価値が低く市場では売れない小魚を漁民が物々交換に持ち込んだことから、農村の酸菜と一緒に調理した酸菜魚が誕生…

寧波=ニンポー

昨日から今日の明け方まで。 感冒薬をのんでいるが、鼻腔の奥が詰まった感覚がずっとあり、咽喉もいがらっぽい。但し、洟は垂れず、咳もほとんどない。この程度の症状で福岡へ飛ぶことに問題もないが、向こうで楽しみにしている食事には差し支えがあるだろう…

諸暨今昔

昨日の夕方5時半頃、強風になぶられた髪を手の腹で撫でつけながらパソコンに向かっていると、ドアが開いて父親の友人T氏が顔を覗かせた。長身痩躯の彼は長い腕を差し出して、「これ、ヴェトナムのお土産。お好きだと聞いていたんだけどなかなか渡せなくて」…

浙江省のクルミ

Hさんの妹が送ってくれるこのクルミは私の母親の好物で、友人たちにも配り歩いているらしい。殻に包まれたクルミの香ばしい苦みのなかにほのかな甘さがしみており、たしかに後を引く。日本にも似たようなものがあるのかも知れないが、見かけない。 今回は今…

金山越府

諸曁駅で客引きのタクシードライバーに「金山越府まで」と言えばこの小区まで連れてきてくれる。ただ運転が荒く、後部座席のスプリングが派手に軋んでケツが痛い。中国語で「小区」といえば、「高層住宅が集団を成して連なり、生活に必要な施設・店舗を伴っ…

雷峰塔

杭州西湖、雷峰塔(レイフォンタァ)からの眺め。中国各地からの観光客だらけ。上有天堂,下有苏杭。 上野の不忍池も西湖と関係あったような気がするが、全然違うものである。なにしろ規模が違い過ぎる。

巨大

巨大宇宙船内部。ではなく、杭州東駅(ハンヂョウドンヂャン)。中国最大の鉄道駅のひとつらしい。強化ガラスの一部にめりめりに罅が入っていたのと、閉店間際だったからか、売店の服務員の態度が酷かったのを憶えている。 千島湖(せんとうこ・チエンダオホ…

諸曁市

おはようございます。 X君との結婚生活破綻ののち、ひょんなことからHさんと親密な仲になり(出会ったのはX君より先)、現在、一緒に暮らしているわけだが、そのHさんの生まれ故郷は浙江省紹興市にある県級市、諸曁市(しょきし・ヂュージーシュィ)であ…