川の照り

隅田川沿いに住む壮年が綴る身辺雑記

諸曁睡衣(ヂュージーパヂャマ)

29日、諸曁は大雨。ディンディンと女朋友のシャオレイが空港まで迎えに来てくれ、挨拶もそこそこに腹が減っているなら炒麺のうまい店があるから行こうと誘う。機内の飯はうまくなかったと私が云い、Hさんは逆にうまかったと云う。米の上に乗っていた天ぷらがねちゃっとしていたのだが、彼女にはそれが良かったのかも知れない。ちなみに私と彼女の座席は離されていた。こちらが文句をつけようとする前にカウンターの服務員が本日は機内が大変に混みあっておりまして申し訳ございませんが…云々と機先を制された。さらに搭乗口で私の名前が呼ばれ、非常口の座席に移動してほしいと云う。どのみちHさんから離れているのだからどうにでもせいと思った。機内では『アリー/スター誕生』(2018)を観た。真面目なつくりの映画だった。ブラッドリー・クーパーはハンサムだが、おじいさんのようにもみえる。諸曁は雨で肌寒いほどだ。

f:id:guangtailang:20190504233208j:image建德打面馆。私たちが行った時は昼時を大きく廻っていたので客がいなかったが、普段は繁盛しているという。好みで陳酢をかけて食う。私は相当かける。手づくりの麺はもっちりしてうまい。中国でよくあることだが野良猫が入店し、床の残飯を食らっていた。

f:id:guangtailang:20190504233248j:imageもはや見慣れた金山越府の風景。雨にけぶっているのも乙なものだ。幼儿园の屋上を塗り直している。


f:id:guangtailang:20190504234845j:imageHさんの両親、妹も来て晩飯。父親が飼っている鴨子を潰して、それを出してくれる。鴨子のちょこちょこ歩く小屋をみているから、命を頂いている実感は強い。そして、うまい。とりわけ汁にはエキスが滲み出している。魚やエビは日本の方が良い。

f:id:guangtailang:20190504233509j:image食後にディンディンが私の腹をみて運動しようと云い出し、たしか小区の中に卓球場があったはずだ、でもラケットと球がないな、買いに行こうとHさんの朋友フェンホンの息子ベイベイも連れてクルマで雄风永利商业广场へと繰り出す。そこの迪卡侬で用具を調達し、1點點のタピオカミルクティを飲みながら帰宅。金山越府の14階に住むベイベイが場所を知悉しており、卓球場がみつかる。

f:id:guangtailang:20190504233658j:imageディンディンとベイベイの試合。といっても、183cmのディンディンが132cmのベイベイに教えてあげている。無論、中国人の皆が皆、卓球がうまいというわけじゃないし、やったこともない人がたくさんいる。私とディンディンは汗が滴るほどやって、裸でシャワーを浴びたあと、明日の天気の回復を祈りながら就寝。

f:id:guangtailang:20190504233710j:image30日、小雨。ディンディンとシャオレイが萝卜丝(大根)餃子のうまい店があるから行こうと誘う。このカップルは私のために仕事を休んでくれている。行くよ、と私。行ってきなさい、とHさん。保林饺子馆、だったかな。たしかにこれはうまい。左の烤饺も含め、ぺろりと12個平らげた。

f:id:guangtailang:20190504233653j:imageこのおじさんがやっています。シャオレイが体調不良になり、ディンディンが医院に連れていく。そのあいだ、パヂャマを忘れた私にHさんが買ってくれるというので商城に。中国に来るとパヂャマを買ってあげたり、或いは買ってもらったりということが頻繁に起こる。夜、青灰色のガーゼ生地のそれを着ると、Hさんが似合っていると云う。

f:id:guangtailang:20190504233823j:image昼は私のリクエストで酸菜鱼の店。とにかく鍋がでかい。Hさんの妹も来て、7人で食ったけれども。味道はまあ良いと思うのだが、今回連れて行ってもらった店がどこもうまかったので、正直霞んでしまったかも知れない。

f:id:guangtailang:20190504233702j:image天気がやや回復したので、最近整備されたという沉香湖へ。こういう場所はピーカンよりけぶっている方が良い。奥の方へ進むとまだ工事中で、柵がめぐらしてある。それだから入場無料なのだとディンディンが説明する。

f:id:guangtailang:20190504233856j:image
f:id:guangtailang:20190504233853j:image
f:id:guangtailang:20190504233901j:image
f:id:guangtailang:20190504233905j:image金山越府からの夜景。夕食後、Hさんの妹の娘ルルがカラオケ(KTV)を予約しているとのことで、繰り出す。ルルの新しい男朋友も来るらしい。到着すると、Hさんの妹の夫の2番目の兄とその妻がすでにいた。私は初対面だった。新しい歌曲を覚える努力をしていない私は七里香と枫、任逍遥に終始したが、ルルと男朋友、そしてシャオレイはいろいろの歌を唱った。といって90年代以降のもののようで、途中でルルが近づいてきて、私にスマホの画面をみせる。なぜかWANDSの世界が終わるまでは…が映っていたので、知ってるよと答えたが、あとで『スラムダンク』のエンディングソングなのだと気づいた。『灌篮高手』、このバスケットボールのアニメ(漫画)を中国の若者で知らぬ者はいない。私に日本語の歌を唱わせようと気を遣ってくれたのだろう。Hさんは邓丽君の小城故事を唱う。聴きながら中国の80年代と90年代の落差を想う。とりわけ80年代初頭と90年代後半では別の国のように違うだろう。ルルの男朋友が、私がハルピンで世話になったガイドに顔が似ていた。

f:id:guangtailang:20190504234924j:imagef:id:guangtailang:20190504234954j:image张惠妹「聴海」。これは元々张学友が唱っていたんだとディンディンの説明を受ける。张惠妹は台湾原住民の種族のひとつ、プユマ族(卑南族)の出身。

f:id:guangtailang:20190504235350j:image