川の照り

隅田川沿いに住む壮年が綴る身辺雑記

欧州の香り

日曜日の夜、ハイネケン・チャンピオンズカップを観る。テストステロンおよび欧州の香り。 やあ、ミシュランです。クレルモン・オーヴェルニュのスポンサーなんだと思ったら、本社がクレルモン=フェランにあるんですって。 重戦車の突進。多分130kgくらいあ…

夕陽の波にタイプライター

テストステロンの値の高い男たちを見て一時的に気力が湧いたのだが、昨日の晩はまた妙に心身ともに萎れていたというか、何があったわけでもないのだが、肉体鍛錬をやる気力もなかった。ただ、ぼけーっと偏愛している『スローなブギにしてくれ』(1981・藤田…

テストステロンの値の高い男たち

昨晩、華さんが寝ている横でJ SPORTSチャンネルにてハイネケン・チャンピオンズカップを観る。無観客試合とはいえ、選手の声が上がるからボリュームは小さめに。この大会はラグビーの欧州クラブ王者を決めるものだ。ASMクレルモン・オーヴェルニュ対ワスプス…

光るラオタイポー

今朝方、華さんのみた夢。帰りが遅くなったある晩、彼女は道に迷ってしまった。駅から自転車で走ってきたが、途中、勝手知ったる家までの道が見慣れないものに変貌している。ぐるぐる回っても一向に馴染みの道に出ない。額に汗が浮き、焦りだす。すると突如…

追憶のボーイング

春は天気が安定せんですなあ。その点、冬は安定していたですよ。あんまり寒さが厳しいのはあれだけども、暖冬ならばね、空気が澄んでて景色が遠くまで見渡せるとか、その他いいことあります。 なんか突然脈絡もなく昔の記憶の断片がめざましく浮上してくるこ…

パトロール

夜、そうだな午後10時を回ってから華さんが降りてくる。トイレじゃないとすれば、これは夜宵警察(イェシャオジンチャァ 夜食警察)だ。つまり、ダイニングでおれが夜食に何か食ってはいないかパトロールに回ってくる。ところが、わりかし重めのダンベルを購…

チートデイ

三年ぶりか、いやたぶんそれ以上ぶりだろう。細かいところはもうわからない。今年に入って彼から連絡をもらい、今は日本にいるのだと知った。以降、なかなか僕の都合がつかなくて悪かったのだが、今日秋葉原で会った。 ここ数年、彼は上海にいたり台北にいた…

御徒町にて

夕方、華さんと御徒町で落ち合い、羊肉スープの店へ。カウンター席の端っこに座る。客は僕以外、中国語ネイティヴのようだが、やたらみんな眼鏡をかけている。外で買った飲料を持ち込んでもここはOKだ。女の子がフラペチーノみたいなのを飲んでいる。そうい…

豪雨─反ボミワ宣言

思い出。その当時、私はまだ上野から春日通りの坂を上がった途中にある実家に住んでいた。Mという友人と週末、月に一、二度くらいだったか、上野の居酒屋で酒を呑み、その後坂を上って実家の部屋で灯りを暗くして音楽を聴きながらまた酒を呑むというのをや…

階段

家の中のことで母親と妙に意気投合したのが階段にモノを置かないということ。ここで華さんを例に出すのは申し訳ないが他意はないので。彼女が自宅の階段の端にスリッパを置いたり、拭き掃除の洗剤のボトルを置いたりする。それらは一時的なものではなく、ず…

ダルメシアン、イカ、ポスター

ある雨の夜、目白駅の周辺をさまよっていた。池袋から歩いてけっこう濡れる。人混みの中をターミナル駅まで戻る気分じゃなかったから、線路づたいにとぼとぼ。帰国の目途が立たず息子の結婚式の準備をしてやれないし、初孫の誕生の場面にも、今のところ成長…

100個の冷凍餃子を持って電車で移動する女性

去年から華さんのパスポートの有効期限が切れており、更新の手続きをすべきなんだが、現在、まずは中国大使館のサイトを通じてオンライン予約をしなきゃならない。この入力がけっこう面倒くさい上に、何度やってもうまくいかない。彼女は私に丸投げで、月曜…

私を羊肉スープの店に連れてって

今日こそ羊肉湯(ヤンロウターン 羊肉スープ)の店に連れてってくれるらしい。いやね、場所は御徒町だから別におれいちにんで行ったっていいんですよ。仕事でそっちに行く機会もあるし。ただ、この新しくオープンした店は上野広小路の例のきのこ鍋の店と経営…

典型とスパイシー

23日。とにかく風が強い。快晴。華(ファ)さんの脚も完治し、ちょっとした遠出、空気の澄んだところに行きたくてうずうずしている。それに湧水汲みと農産物購入を組み合わせたいらしい。僕としても近場以外、老外(ラオワイ)をもう何ヶ月も駆っていない。…

假面をかむる

ある日。野暮用で都庁第二本庁舎に行く。晴れ渡っているが、風は冷たい。そろそろ花粉で目が痒い。大江戸線プラットホームへ下りてゆく深さ、これはTX線で秋葉原に行ったりするから慣れているが、車内の狭さにはあらためて驚く。現代日本人の体格からして…

まどろみ電車

2月の中旬でこの暖かさ。海沿いの芝生でフリスビーでも投げたいなあ。そのあと附近の店で海鮮でも食って。ドライブがてらに音楽を聴くというのも久しくやっていない。 虚空をひゅるひゅると回転しながら向かってくる円盤を千住の空に想像することはできなか…

好日

こんにちは。卓球の福原愛さん、石川佳純選手を尊敬している鶴岡抄太郎です。無論、彼女たちは僕よりかなり若いのですが、尊敬するのに年上も年下も、ましてや男も女も関係ありゃしません。森喜朗が自らの発言により集中砲火を浴びて辞任に追い込まれたよう…

変哲もなく

黒と白の誘惑。黒いぷるぷるにスプーンを入れた断面の美しさ。カーフェイジェリーとても言いたいけど、コーヒーゼリー言います。を外で食ったのは久しぶりだな。数十分の時間調整で、ぱっと目についたコーヒーショップに入る。市販された丸福珈琲店のやつを…

普段着

ひきつづきハルピンが恋しくて、『薄氷の殺人』(2014・原題 白日焰火)をDVDで観直す。サスペンスやミステリーとしての出来がどうとかは個人的に二の次三の次。勿論、そうゆう視点でみても悪い出来の映画じゃないと思っているが、評者によってはそこでマイ…

安全隐患

諸曁市(しょき-し)は中華人民共和国浙江省紹興市に位置する県級市。農業のほか、真珠の特産地でもある。真珠、榧、茶は「諸曁三宝」と呼ばれる。県内の「五泄の滝(五洩の滝)」は有名な観光地であり、境内の五泄禅寺(五洩寺、永安寺)は曹洞宗総本山の一…

氷塊

『バーニング・アイス 無証之罪』(2017・原題 无证之罪)全12話を観終えました。その回のエンディングが近づくたび、次回が待ち遠しいと思うほどおもしろかったです。中弛みなし。特に10話まで。ただ、11、12話は1年後の話であり、内容からいってスピンオフ…

親密さ

昨晩、ファさんが3階から呼ぶので傍らに行くと、スマートフォンの画面に彼女の諸曁の母親が映っている。挨拶してと身振りで示すから、「晩上好」と小さな画面に向かって言った。母親はにこにこして何か喋っているが、彼女が話す呉方言は、申し訳ないが私には…

結露と老人

冷たい雨が降っている。予報では明日にかけて関東の平野部でも雪が見られるという。まあ、このあたりは雨のままだろうと思うけど。ふと見ると家の玄関ドアの内側が結露して、全面びしょびしょに濡れている。こんな風になるんだっけなと初めて気がついた感じ…

いつかあのハルピンを思い出してきっと泣いてしまう

さきおととい。ハルピンビールを扱っている日本の会社を見つけ、早速注文する。懐かしい、と言っていいのかな。このブログを〈ハルピン、ハルピン、ハルピン!!〉と騒いで始めた僕は、年に三度かの地に飛んだこともあった。あの頃は尖閣諸島国有化の余波で…

「STORY」

ファさんの股間にモーラステープを貼る日々。16日に病院へ行って、経過は順調。ただ、完治までにはあと2、3週間かかるとのこと。松葉杖なしでも少しの距離は歩けるようになっている。ただ、そうすると太腿に炎症が起こるのだった。ちなみに浙江方言か別の言…

蛮勇━愛を語るより半ケツで踊ろう━

〈セカチュー〉と呼ばれたブームを勿論知らないわけじゃない。2001年初版発行だが、当初はそれほど話題にならなかったというから、おれが知ったのはご多分に洩れず、100万部を突破した2003年、映画化・テレビドラマ化された2004年、そのあたりだろう。20代後…

セロリ

日本海側は大変な積雪だが、こちらは安定した晴れの日がつづいている。ただ、東京は圧倒的にコロナの感染者が多く、行き来の多い隣接3県とともに緊急事態宣言再発令のただなかにあるのだった。だから誰もが閉塞を感じている。 抄太郎は北千住駅にいた。改札…

1976年の玉のれん

5日、昼。高校ラグビー準決勝第一試合をJ SPORTSで観る。僕は僅差で東福岡と思っていたんだけど、逆の結果でしたね。東福岡は東海大大阪仰星との激闘の疲労が残っていなかったと言えば嘘になるでしょう。ただ、京都成章のピラニアタックルを褒めるべきかと思…

ぼんがぼんが

あけましておめでとうございます。應嘉麟(应嘉麟 イン・ジァーリン)です。私は泳ぐことが好きです。生まれてこのかた、脚をぼんがぼんが動かすことが好きです。気持ちいいから。ベッドの足下に備え付けられた玩具のスイッチをぼんがぼんが押すと点滅して音…

みずうみ

大晦日。午後、牛乳を切らし、買いに出る。防寒にエディ・バウアーのダウンジャケットを羽織り、中はパジャマ、裸足にスエード靴という珍妙な恰好である。近所の寂れた商店街に並ぶ書店は今日も開いている。ここには品揃えというほどのもないのだが、文庫本…