川の照り

隅田川沿いに住む壮年が綴る身辺雑記

変哲もなく

f:id:guangtailang:20210207204233j:image黒と白の誘惑。黒いぷるぷるにスプーンを入れた断面の美しさ。カーフェイジェリーとても言いたいけど、コーヒーゼリー言います。を外で食ったのは久しぶりだな。数十分の時間調整で、ぱっと目についたコーヒーショップに入る。市販された丸福珈琲店のやつをたまに家で食っているが、これが相当にうまい。ちゃんとコーヒーらしい苦味があって、ゼリーだからといって甘たるくしていない。ポーションもたしかこだわっていたと思う。丸福を凌ぐコーヒーゼリーは実は外でもそうはない。

f:id:guangtailang:20210207204350j:image池袋の路地でスマートフォンを懐から出したら、勝手にカメラが起動して何か撮った。それはブレながら地面をとらえており、小型犬の糞が写っていた。すぐに削除したが、ふと前を見るとレトロな佇まいの医院があったので、そちらも撮ってしまう。

友人に熱川バナナワニ園のカラフルなボクサーパンツをプレゼントすると、早速裸にそれを履き、階段でポーズを取った写真が送られてきた。打てば響くなあ。

f:id:guangtailang:20210207204359j:image榧の実がクセになってしまった壮年44歳。

Little Glee Monsterの名の由来。

グループ名の中に組み込まれている単語「Glee」は「男声の3部またはそれ以上から成る無伴奏の合唱曲」を指す音楽用語であるが、元々は「心を解放し、歓喜すること」を意味している。また、グループ名の意味としては、「Glee Monster」で歌声だけで人々の心を歓喜させる大物と言う意味になるが、まだ未熟なので「Little」をつけた。

Wikipedia

ということなのだが、僕はてっきり〈小柄〉とか〈可愛いらしい〉の意からLittleを頭につけたのかなと思ってました。それというのも、最長身の古賀かれんさんは170以上の感じがしていましたが、ある時調べて164と知り、他のメンバーが小柄なのだと知りましたもので。まあ、それだけの話なんですけど。

f:id:guangtailang:20210208115723j:imageある日の昼飯。マントウ(馒头)とソーセージ(シャァンチャン 香肠)。哈尔滨啤酒(ハァルビンピィジョォ ハルピンビール)が合うが、飲めないから茶。馒头と香肠は六郷に住むファさんの朋友の手工做的(手作り)。

f:id:guangtailang:20210207204408j:image変哲もなく北千住。曲げ反るソーセージ。駅ビルに入ったコーヒーショップのテラス席は、2月としては暖かい陽気のためだいたい埋まっている。散髪も眼鏡のレンズ交換も億劫で行っていないが、この手の休憩は頻繁にしている。太平洋側だからだが、これだけ天気が安定していると、脚のほとんど良くなったファさんは日帰りでもいいからどこか遠出したいと迫るのだが、緊急事態宣言が延びたこともあり、おいそれとは応じられない。ただ泊まりがけならば、個人的に泊まりたい宿はふたつある。彼女もきっと賛成してくれる。ひとつは断崖絶壁、いまひとつは湧水汲取場のそばだ。3月の中盤でも行ければいいが。そこのサイトの写真をつらつら眺めながら、ときたま千住の空に目を転ずる。