川の照り

隅田川沿いに住む壮年が綴る身辺雑記

グアシャ

7月2日、晴れ。おとといの深夜、トイレに下りていったHさんがなかなか戻ってこない。20分も過ぎたろうか。大便の可能性よりも不安が先に立ち、がばっと起き上がると僕も下りていった。すると、トイレの扉が開け放たれ、便座にHさんはいたが、壁に頭をくっ…

去兜风。

28日、朝。ヴェランダからふたりして豪雨を眺める。一晩中ルーフを叩いていたが、それが今もつづいている。チ、チ、チと隣りで舌打ち。階下に行き、とうもろこしとコーヒーの朝飯。とうもろこしにかぶりつく顔を批評し合う。 2時間くらい経った頃か、雨が弱…

繁茂する流頭部〜千葉最北端〜

午後2時に仕事を終え、それからドライブに繰り出す。薄曇りのむわっとした天候だが、なんとなくそうしたい気分だった。車中、セロニアス・モンクの訥々として優しいピアノ曲、リメンバーが胸に染みる。 この辺りを走っていると、頻繁に県を跨ぐ。道の駅ごか…

ラジオトーク

南千住の跨線橋。冬の空は雲も少なく透き通ってもっと高かったろう。 彼女のラジオトークの質問箱(仮)も現在230本を超えているが、そのうち4分の3くらいはここ1週間で聴いた。中文で喋っているこぼれ話の方は本数が少ないが、そっちもいくつか聴いた。基本…