川の照り

隅田川沿いに住む壮年が綴る身辺雑記

アルプの里

f:id:guangtailang:20170830132835j:plainf:id:guangtailang:20170830132937j:plain南魚沼郡湯沢町アルプの里。ここは男一人で行くのもなんなので、初めて行ったのはHさんとふたりだったろう。越後湯沢の駅から歩いていけるロープウェイ乗り場(山麓駅)は実にアクセスが良い。そこから標高1000mのパノラマステーション(山頂駅)まででかい箱で一気に駆け上がる。

簡単に行ける高原リゾートで、レストラン、ゴーカート、サマーボブスレー、リフト等の施設、あやめヶ池、こもれびテラス、ロックガーデン、数種のトレッキングコースなどが整備されている。バスも走っている。Hさんがここをいたく気に入っていて、もう3、4回行っている。日曜の朝起きて、すわ中越は快晴だ!と出発し、トレッキング、ボブスレーなど半日滞在して夕方東京に帰ってきたこともある。冬にも1度だけいったが、私たちはスキー・スノボをしないので食事をして下りてきた。山頂駅の前でインド人みたいな親子が楽しげに雪をぶつけあっていた。