川の照り

隅田川沿いに住む壮年が綴る身辺雑記

2019-05-13から1日間の記事一覧

東の果て(長崎鼻)

12日、晴れ。鶴岡抄太郎は外川町にあらわれた。自宅から130km、千葉の東の果て、犬吠埼の南側にある漁業を営むこじんまりとした町だ。窓を開けながら海沿いを走っていると、銚子ジオパークの看板が目に入り、犬岩という名に惹かれて脇道にクルマを突っ込んだ…