川の照り

隅田川沿いに住む壮年が綴る身辺雑記

撫で付けのハズキルーペ

f:id:guangtailang:20180131163313j:imagef:id:guangtailang:20180131163351j:imagef:id:guangtailang:20180131163405j:imagef:id:guangtailang:20180131163414j:image実家に帰った時、でかいレンズの眼鏡が裸のまま食卓に置かれていた。偶さか旅行冊子の小さな文字を読む必要があったので、どれどれこれが舘ひろしの拡大鏡かとかけてみた。

今日、事務所にハズキ ラージ(黒)クリアレンズ 1.6倍が届いた。実家の母親のものと同じ倍率で、読書や裁縫の際に向いているらしいが、これでスマホの画面をみた時は、ちょっと驚くくらい鮮明だった。40を過ぎた途端に急に小さい文字が見えにくくなって、それを業界青年会の同年代の友人に言ったら、「おれもこうだよ」と眼鏡を額にずらし、スマホを操作するマネをした。そうゆう年齢か。老いたわ、完全に。そして、それを撫で付けながらこれからも生きてゆく。

え、皆既月食ですって⁉︎