川の照り

隅田川沿いに住む壮年が綴る身辺雑記

2017-08-24から1日間の記事一覧

デラシネ

ウレタン敷きのジョギングコースと芝生の斜面、鉄橋を渡る列車。昨日、友人の呟いた「デラシネが求めて歩くのはアジール」という言葉を反芻しながらウオーキング。 ウオーク後にじゃがりこトリプルチーズ味を食べた。

鈍色

南房総。金属的な荒れた海。去年の2月中旬だが寒くはなく、花を売っていた。日本で真冬でも温暖な地域のひとつ。個人的にはわりかし寒さに強いので、びんびんに零下の土地に行ったりしたい。ただ、雪道やアイスバーンには慣れていない。

挽歌

2013年9月22日、釧路。この時はまだ読んでいなかったが、のちに読んだ釧路を舞台とする小説、原田康子『挽歌』には驚かされた。1956年初版発行だからもう60年も前の、言ってみれば「昔の小説」なのだが、古さを感じさせない。勿論、携帯やらLEDやらカーナビ…