川の照り

隅田川沿いに住む壮年が綴る身辺雑記

ブルーベリー農園2 もぐもぐタイムと昆虫

曇天。7月中旬といえばハイブッシュ系は終わって、ラビットアイ系の時期なんです。Hさんの強い希望により、先月24日に行ったのと同じブルーベリー農園に行ってきました。受付を済ませ、今回はリュック等手荷物は持ち込み禁止だったので、クルマの中に置きに戻ることに。そのあいだ園主と彼女が雑談していたようで話頭がそっち方面に。昨日は台湾人のお客さんが15名でいらっしゃいました、と園主。それならバスかなんかで、と私。ええ、バスを貸切にされて。昨日は雨が降っていたんじゃ。その時は止んだんですよね。前回のハイブッシュ系の農園とは反対側のログハウスの裏手にある農園と、その隣りのネットのかかっていない農園でも摘み取りしてよいとのこと。後者の農園には赤いブルーベリーがありました。ラビットアイのまま、これで完熟しているのだそう。ちょっと白っぽくなっているやつが比較的甘かった。でもまあ、やっぱり青い方がよい。赤いやつはアントシアニンも少ないのかしら。

f:id:guangtailang:20190715194209j:imageネットに絡まってしまったカブトムシ。地上から3メートルくらいの位置。一度絡まると抜け出せないのか、他の場所ではもげた脚だけ残されていたり、頭部だけの遺骸もありました。ネットは人間のためのものなのですが、可哀そうな気はします。

f:id:guangtailang:20190715194304j:image一方、園内に入り込み、ブルーベリーの樹にぶら下がっているやつもいます。背中に雨粒がついており、それが輝いていた。

f:id:guangtailang:20190715194316j:imageゴマダラカミキリもよく見かけました。害虫らしいですが。

f:id:guangtailang:20190715194330j:imageコガネムシは交尾していました。害虫らしいですが。

f:id:guangtailang:20190715194411j:image樹によって、また同じ樹でも枝によって実の甘さ酸っぱさが異なり、実の大きいものが必ず美味しいわけでもないのですが、この樹になっているやつはどれも甘くて優秀でした。

f:id:guangtailang:20190715194611j:imageブルーベリーの実をもぐもぐしながら昆虫ばかり撮っている壮年に呆れて、わたしも食べるからあなたはこれを持っていなさいと満載のカゴを渡される。あとで計量すると両方で3.8kgありました。

f:id:guangtailang:20190715194630j:image筑波山を越えるルートに入り込んでしまいました。下妻とか古河の方へ抜けようとしてそうなったのですね。

f:id:guangtailang:20190715194644j:image