川の照り

隅田川沿いに住む壮年が綴る身辺雑記

茨城県フラワーパーク

常磐道守谷SA。午前10時。ここで朝飯を食う。長岡の米を使用と謳っているフードコートの店できすと天ぷら丼。3尾もきすが入っている。Hさんがそんなにきすは要らぬと1尾寄越す。座った場所がちょうどエアコンの吹出し口の真下で、むやみに冷風が流れてくる。

男女両方ともトイレの入口にツバメが巣をつくっているらしく、Hさんがスマホで撮影した女子トイレの巣を見せるので、男子トイレにもあったよと言う。注意喚起の貼紙もあった。この場所に巣をつくれば、雨風が完全に凌げるからなあ。とてもツォンミン(聡明)ですね。などと言い合う。男子トイレに向かってすごいスピードでツバメが突進し、急角度で曲がり進入するのを見た。目を奪われるような飛行だった。

f:id:guangtailang:20180527153015j:imageここはちょっと穴場的な感じもある、笠間のあたご天狗の森公園。東京からおよそ100km。愛宕山展望台より関東平野を見渡す。標高300m位。

f:id:guangtailang:20180527160509j:plain斜面につくられた全長100mのローラーコースター。地元の若いファミリーが子供を滑らせることがほとんどのようだが、こういう遊具の好きな私は太り肉の躰を押して滑った。途中、数か所段差が設置されており、臀部への衝撃がかなりあった。

f:id:guangtailang:20180527160615j:plainf:id:guangtailang:20180527160822j:plainf:id:guangtailang:20180527153049j:imageバラが見頃ということで、茨城県フラワーパークの駐車場もこの混み様。私たちは臨時の駐車場に入れた。筑波山麓のこのあたり(八郷地区)は実にのどか、気持ちが伸びやかになるので、たびたび足を運んでいる。Hさんが表の売店で草餅といちごを買ったので、真夏のような陽射しを避けられる下の写真のベンチで食う。

早々と帰宅。千秋楽、栃ノ心鶴竜の取組を観る。

f:id:guangtailang:20180527160923j:plainf:id:guangtailang:20180527161027j:plainf:id:guangtailang:20180527161310j:plainf:id:guangtailang:20180527161356j:plain