川の照り

隅田川沿いに住む壮年が綴る身辺雑記

ルベレンウェイシェンモブパーディヂェン?

ルベレンウェイシェンモブパーディヂェン?と訊かれたって、そりゃ、地震があることが日本列島の常態だからだよ。日本人は慣れっこなんだ。怖くないことはないが、皆覚悟ができているんだろう。ここに暮らす限り、大小さまざまな揺れと死ぬまでつきあってい…

死神の列

五味川純平『人間の條件』(岩波現代文庫)読了。何か巨大なものを突きつけられたという気がする。ただ、その塊に対して私ならこうでこうでと今は反射できない。今後もできないかもしれない。楽しい読書とは到底いかぬ作で、途中何度か、私は読むのをやめ、Y…

テンソク

晩飯を食べている時、昔、中国に纏足という奇習があったですよねと向かいの女に振ってみた。相手は何のことかわからない様子で、箸のあいだに肉のかけらを挟んだ。こちらもテンソクの中文発話がわからないから、ジャオ(脚 jiǎo)の指をこうして内側に折り曲…

青空美容院

二三日前。晩飯を食べ終わり、隅田川沿いを浅草方面に向かって散歩する。こっちは久々に来たが、ブルーシートの段ボールハウスがかなり減った印象。それでもHさんは讨饭的人(タオファンダレン)に妙に興味を持つ。以前、餓死しないのかと心配げに言うから…

ピンチヒッター

自宅の面した狭隘道路に居ついているキャットを撮影。しゃがみ込んで、コロナの現在状況を知ってますかと訊くと、首を少し持ち上げた。 近所の精肉問屋が最近弁当を売り始めたので、試しに買ってみる。Hさんは中国人のご多分に洩れず冷めた米は食わない。 1…

連休中の本と映画、それは満洲とロマンポルノです。

何日か前、ツイッターで目にした記事で、長野県が県外ナンバーのクルマの実態調査に乗り出しているというのがあった。写真が載っており、背に「長野県建設部」とある赤いベストを着た職員が、道路脇のパイプ椅子に座って往来を走るクルマを監視している。連…

アナウンス

26日。都知事は買い物するのなら3日に1回にしてほしいと要請しているようだが、我が家は大人ふたりなので2日か8日に1回と決めている。今日は自転車にリュックを背負い、1週間分の買い出しに行った。必要な主菜・副菜を買って17,000円くらい。スーパーの中で…

サキ、導かれて

『妖精の部屋 天使が濡れるとき』(1977・加藤彰)をFANZA動画で。下に見るようにタイトルに相違があります。ソフト化する際に変更があったようです。内容的に「16歳」じゃ、ちょっとマズかったのかも知れません。現在なら無論アウトなんでしょう。だからと…

3万円で

20日夜。宮井えりなさんが見たくなってしまい、『女教師 汚れた噂』(1979・加藤彰)をFANZA動画で。「女教師もの」なので、学園を舞台に高校生が出てきてわいわいやるのかと思いきや、がらんとした冬休みの学校で教師の素振りも見せない、ひとりの女の転生…

仮面と虜囚

19日晴天。運動不足解消に川沿いの土手を歩く。昨日の大雨で水嵩が増して黄土色に濁っており、ちょっと迫力ある景色。舟山の海のようだとHさんに言うと、しばらく見つめてからそうだねと同意した。川風も吹いているし、安全性が高いという判断なのか、かな…

美しく青きドナウ

18日豪雨。べランダのトタン屋根を雨が激しく打つ音を目覚めてからもしばらくベッドの上で聞いていた。午前中『あそばれる女』(1981・小沼勝)午後『昼下りの情事 古都曼陀羅』(1973・小沼勝)をFANZA動画で。観終わった頃にちょうど雨も止んだ。どこかで…

バイシクル・チェイス

たとえば週末クルマで出かけSAにも道の駅にも寄らず(または必要最低限で済ませ)人気の無い山や海へ行き気分転換して帰ってくる分には感染リスクは非常に低いだろうと考えてみる。ただこの状況下でそれを実行した場合道中足立ナンバーじゃねえか何出てき…

黄璐

『中国娘』(2009・郭小橹 原題 She, A Chinese 中文名 中国姑娘)をDVDで。観ていて思いましたが、主演の黄璐(ルー・ホアン)の顔が良いのですね。化粧っ気もなく、ともすればふてぶてしい面構えですが、純真を秘めており、それが見え隠れする。女性に面構…

中国女

8日夜。『大地』読了。いやー、おもしろかった。四分冊だが、最後の数十頁まできて、ちょっと短過ぎるんじゃないかと思った。このままもっと読んでいたいと。淵と美齢の行く末が気になるだろうと。先入見でキリスト教色が濃かったらどうしようとか思っていた…

非情の世界

『迫り来る嵐』(2017・董越)をDVDで。原題『暴雪将至』。まあ暗い映画だわね。画面の色調もそうだけど、ほぼ全編どしゃ降りの雨だし、後味の悪い結末が用意されているし。でも、そうゆう暗鬱なトーンで押していって最後までちゃんと観られるのは、ロケーシ…

サイデンストリッカー

4月1日。この週末も蟄居するとしたら、ロマンポルノもいいのだけれど、分冊の長編小説でも挑戦しようかしら。そう思いながら本棚を眺めていると目に留まったのが、硝子戸の向こうで光っているパール・サイデンストリッカー・バック『大地』でした。サイデン…

花冷え

29日。雪。新型コロナとは関係ないような貌で降っているが、外出を控える気持ちが強化され、東京の人間にとっては関係ないこともない。どこかで鴉が鳴いている。雪は避けているのか。僕は三月中旬に生まれたのだが、今日みたいな日があると、三月の寒い日は…

引っ越しを数える

昼。自宅で老干妈を混ぜ込んだチャーハン。食後、諸曁(浙江省绍兴市诸暨市)の緑茶を飲む。 先日の小旅行の際、車窓を流れる景色の中に昭和の趣きを見つけ、友人Jが「団地に住んでたなあ…」と呟いたのを皮切りに、今までに引っ越した場所を言い合い、数え…

神社、百穴、聖天宮

21日、快晴。友人Jと以前から約束していた奥秩父の三峯神社(みつみねじんじゃ)、吉見百穴(よしみひゃくあな)、聖天宮(せいてんきゅう)へ。新型コロナウイルスが欧州を席捲しており、彼の地の諸国はどこも厳戒態勢だが、時を同じくして日本はなにやら…

隅田川のピクチュア

『順子わななく』(武田一成・1978)をFANZA動画で。この監督はロマンポルノを超えてもっと知られていいと思うのだが、Wikipediaの頁もつくられていないし、FANZA動画やDVD等で観られる作品もそれほど多くはない。好きな監督だけに残念なことだ。最近、阿佐…

日本にとって浙江省は

昼。昨晩の残りのカレー等を食う。Hさんは例の上海人のおばさんとどこかへ出かけた。右手にスプーン、左手で本の頁を繰りながら、『子どもたちに語る 日中二千年史』(小島毅著・ちくまプリマー新書)を読了。子どもたちに語ると謳いながら、おっさんでも十…

舌打ちのマーラントウ

15日。昨日と打って変わって晴天。いまだ新型コロナの感染者が確認されていない茨城へ。関東甲信越で唯一か。 行きの常磐道が柏と守谷のあいだで事故渋滞。現場に到ると、フロントバンパーが路上に転がり、左の斜面に黒いクルマが飛んだように乗り上げていた…

梢というサディスティック

13日の金曜日。夜。昨日観た『団地妻 ニュータウン暴行魔』(磯村一路・1987)は酷かった。あの手の主題であれば、アダルトビデオにもっとすぐれたものがたくさんある。なにせ主演の女優に魅力がない、演技ができない、喘息のストーカーに魅力がない、羞恥プ…

1986年の女性プログラマー

10日夜。外は雨がびしゃびしゃ降っている。『いんこう』(小沼勝・1986)をFANZA動画で。「日活ロマンポルノ最後の看板女優」(Wikipedia)という呼び名に魅かれ、麻生かおりの主演作を初めて観る。【以下、ネタバレあり。役名では呼ばず、俳優の名で呼んで…

半島で馬跳び

雨。終日蟄居。『恋人たちは濡れた』(神代辰巳・1973)をFANZA動画で。このロマンポルノの有名作については一個思い出すことがあって、劇終盤、男女さんにんが砂浜で裸になりながら馬跳びを繰り返す場面があるのだが、大学時代、友人Kが唐突にその場面を示…

倦む壮年

Hさんの西川口の会所が閉鎖され、2週間。まるで家庭妇女(専業主婦)のようだとボヤきながらもひねもす家に留まり、炊事洗濯をやってくれている。たまには運動がてら川沿いの桜を見に行ったり、近所の上海人のおばさんと家を行き来したり、一緒に超市に行っ…

潤沢

最早、世界中に拡まってしまった新型コロナウイルスに気を揉んでいるうちに2月が飛び退り、3月がきた。アフリカ諸国や北朝鮮も数にあがってこないが、かなりの感染者、さらには死者がいることだろう。 金曜日の晩にHさんがどたどた階段を下りてきて、超市か…

海からの風

23日、晴れ。どうしてこんなにぬくい2月があるのだろう。海が見たくなって、Hさんの賛同も得られたので、旭・銚子方面に向かう。かなりの強風で、高速の吹流しも真横に張ってぶるぶる震えている。上述の2市は海沿いなのでなおのこと凄かった。 まずは以前行…

神戸1981

ああ、目が痒い洟が出る。『風の歌を聴け』(1981・大森一樹)をDVDで。2回目。原作はとうの昔に読んだのでほとんど覚えていないが、映画とそれを比べようとか思わない。ただ、昭和50年代半ばの神戸というと、幼い私や弟が両親に連れられてしょっちゅう祖母…

私はコンデンスミルクを所望する

いちご狩り再び。これはもうHさんのリクエストというより、私の雪辱のようなところがあります。先週の徒労を同じ活動をすることの中で挽回したかった。 いちごはやはり栃木に行くべきだったのだと思い返し、去年訪れた鹿沼のビニルハウスへ。同じ轍は踏まな…